2019年は当たり年!?淡路島のメッキゲーム調査レポ

タグ: / / / /
2019年10月10日

こんにちは!

月間10万アクセスの釣りブログ「淡路島ライフを運営しているスズシゲ(@szksghl)です。

今年はメッキの当たり年!?

和歌山や泉南エリアでは結構な数のメッキが接岸しているようですが、ここ淡路島も同様にメッキが好調という噂。

真偽を確かめに、アジングロッド片手に調査してきました!

朝イチはチヌトップでスカを食らう・・・

干潮が絡む朝マヅメ、風もなく「絶対チヌチップに出るでしょ!」というタイミング。

とりあえず絶好のサーフをポッパー&ペンシルで探るもスカ。

何枚かは興味を持ってルアーを追ってくるものの、完全に様子見モード。

今年の淡路島のチヌトップは基本的にこんな感じ・・・。

メッキの様子をチェック

全体的にテンションが上がりきらないチヌたちには早々に見切りをつけ、どうやら好調らしいというメッキをチェックに。

川の流れ込みが絡むポイントをトラウト用ミノーでチェック。

連続トゥイッチを交えて高速リトリーブ。

同じコースを3回通すと、足元でひったくるバイト!

スレ掛かりで上がってきたのは、18cm程度のメッキでした。

足元でのファイトは、群れの規模も丸見え。

だいたい10匹程度の、小規模な群れでした。

ちょいとアタリも途絶えたので、流れ込みの下流の方へ。

同様にトラウトミノーの連続トゥイッチで、カマス!?かと思いきや・・・

30cmと少しのダツでした。

いかにも悪役っぽい顔つきが、なんとも憎めません。

ヒットルアーは、スミスの渓流用ヘビーシンキングミノー「D-CONTACT50」。

よく飛び、トゥイッチではウネり悶えるようなアクションを魅せるので見ていても楽しいです。

ルアーローテでメッキをチェック!今日のアタリパターンは?

下流は魚影が薄そうなので、ルアーローテしながら上流へ上がっていきます。

ポッパーやペンシル、スプーン等で水面を探るもイマイチ反応なし。

表層系よりも、ミノーのトゥイッチングのほうがいいのかな?と小粒ミノーを通すと1発!

表層に出すというよりも、中層(といっても水深1mもないシャローですが・・・)をトゥイッチで平打ちさせたほうが好反応でした。

メッキのチェイスと見間違うほど、クサフグのチェイスも獰猛に。

クサフグがフィッシュイーターなのかはわかりませんが、フィッシュイーター顔負けのシャープなチェイスにちょっと焦りました。

ヒットルアーは月下美人の「夜霧z42F」。

トゥイッチさせるとワープ系のダートをしますが、ロングリップなので移動距離は少なく魅せることができました。

今年のメッキ、確かにアタリ年か

朝の小一時間、オープンエリアのでの調査でしたがメッキの群れをいくつか確認することができました。

チヌトップの外道としても、サーフなどでフローティングペンシルに掛かることがちょこちょことありました。

過去3年くらいは狙って釣ってもなかなか上がらないターゲットでしたが、今年は回遊量が多そうなので、専門に狙っても楽しめそうです。

関連記事:初心者におすすめなメッキ用ルアー3選

以上、「2019年は当たり年!?淡路島のメッキゲーム調査レポ」でした!

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございます。

インスタグラムでもいろいろな魚をアップしているので、よかったらフォローしてみてくださいね!

インスタグラム→「スズキシゲハル@淡路島ライフ

この記事を書いた人

スズシゲ

スズシゲ

淡路島特化型アングラー。ブログ「淡路島ライフ」を運営。釣り情報だけでなく、観光情報からグルメ情報まで鋭意発信中。
タグ: