平均飛距離が97m!シマノがサーフ用ルアー「熱砂 ウィングビーム 80HS 」の使い方を公開

タグ: / / / / / / / / /
2019年10月06日

出典:サーフゲームの死角を埋める2つの長距離弾 誕生! – YouTube

シマノ[SHIMANO]から2019年9月に発売されたばかりの「熱砂 ウィングビーム 80HS 」の使い方を解説した動画が公開された。

シンキングペンシルのデメリットを解消した個性的な新型ルアーの使い方を今すぐチェックしよう。

「熱砂 ウィングビーム 80HS 」を使った実釣動画

「熱砂 ウィングビーム 80HS 」とは、ヘッド上部に個性的なウィングを備えた個性的なルアーだ。

熱砂シリーズなためヒラメやマゴチ専用かと思われるかもしれないが、シーバスやオオニベ、青物、マダイなどさまざまな魚種を狙える。

「熱砂 ウィングビーム 80HS 」の解説は後半からになるが、前半の「ヒラメミノー SR」の使い方も合わせて確認してみてほしい。

「熱砂 ウィングビーム 80HS 」に最適なロッドアクション

出典:サーフゲームの死角を埋める2つの長距離弾 誕生! – YouTube

「熱砂 ウィングビーム 80HS 」に最適なロッドアクションは3つある。

  1. ただ巻き
  2. ストップ&ゴー
  3. リフト&フォール

5投した平均飛距離が97.7mというメタルジグ並の遠投性能を誇るルアーなため、1投の内に上記の3つを織り交ぜてもよい。

またメタルジグよりもシルエットが大きくフォール速度が遅い利点を活かし、水深が深いエリアやオフショアから使用してみるのも面白いだろう。

「熱砂 ウィングビーム 80HS 」の仕様は以下の記事をチェックしてほしい。

シマノからサーフ用ルアー「熱砂 ウィングビーム 80HS 」が登場!シンキングペンシルのデメリットを解消した新型ルアー

この記事を読んだ人が次に読むのは

【使用インプレ】シマノの「19ストラディック」を使ってみた!限りなくフラッグシップに近づいたミドル機種の質感はいかに

これぞ座布団級!80オーバーのヒラメを誘惑したルアーを公開

海岸に現れる離岸流とは?知らないと命の危険も

タグ: