トップページ>シーバス>これで他の釣り人と差がつく!「スレたシーバス」に効くルアーとは?

これで他の釣り人と差がつく!「スレたシーバス」に効くルアーとは?

タグ: / /
アクセス 2015年10月01日

シーバス釣りの人気向上により、それを楽しむアングラーの数は大幅に増加している。それにより、ルアーや人間に対する警戒心を強く持った、いわゆる「スレた」シーバスが増え、難易度は高くなってきた。

そうなると今度は、そんな相手を攻略したくなるのが釣り人の性。

今回はスレたシーバスに効果的な「スモールバイブ」と「ワーム」を使った攻略法を解説しよう。

「スモールバイブ」でスレたシーバスを攻略

スモールバイブの長所

バイブレーションの中でも60mm以下の大きさの物をスモールバイブと呼ぶ。その最大の特徴は小さいサイズ。

バイブレーションの長所と言えば下の3点。

  • 飛距離
  • 全レンジを探れる
  • アピール力がある

これらを持ちながらも、小型であるがゆえにシーバスに警戒心を持たれにくい。

通常サイズのルアーに警戒心を抱いているシーバスに効果的なのだ。

スモールバイブの短所

しかし同時に短所もあり、サイズが小さい分オーソドックスな70mm前後のバイブレーションと比べアピール力では劣ってしまう。

使い方で短所を補うようにしよう。

スモールバイブの効果的な使い方

沖堤防や河川など、居着きのスレたシーバスが多く存在するポイントで、堤防際や潮目、中州、流れなどをピンポイントで探ろう。

集魚性に劣るのでオープンエリアをざっくりと探る釣りには向いていない。

おすすめのスモールバイブ

「ワーム」でスレたシーバスを攻略

ワームは通常のルアーと違い柔らかいゴムなどの素材で出来ている。

この素材の違いがワームの最大の特徴だ。水流を受けわずかに動く、ナチュラルなアクションがスレたシーバスに効果的だ。

スモールバイブと同様に集魚性には欠けるため、シーバスが居ることが分かっている状況で使おう。

おすすめのワーム

シーバス釣りで使うジグヘッド

バス釣りではワームをテキサスリグやネコリグなど様々なセッティングで使うが、シーバス釣りではほとんど「ジグヘッドリグ」で使用する。

使うのは主に2〜12gのアイテムが多い。

シーバスを狙う際、ジグヘッドは出来るだけ軽い物を使用することをオススメする。

重いジグヘッドは飛距離が出せ底がとりやすい反面、ワーム自体の動きを殺してしまうことがあるためだ。

おすすめのジグヘッド

スモールバイブとワームの使い分け

スモールバイブとワームは同じようにスレたシーバスに対して効果的であり、使い方も似ている。これらの使い分けは好み状況次第である。

ワームには食ってくるがスモールバイブには食ってこない状況や、その逆もあり得る。

これはその時になってみないと分からないので、一方で釣れなければもう一方を試してみよう。

スレたシーバスを攻略しよう

近年のシーバスゲームはスレたシーバスを攻略できるかできないかで、釣果が大きく変わってくる。

他のルアーで反応してこないときの切り札として、ルアーボックスに入れておこう。

関連記事

ルアーを理解してシーバスを釣ろう!「シンキングペンシル」の特徴と使い方

ルアーを理解してシーバスを釣ろう! 「バイブレーション」の特徴と使いどころ

タグ: / /