エギのチューニングシンカーおすすめ5選!急流や深場を攻略しよう

タグ: / / / / /
2019年10月15日

エギングをしていると、着底がわかりにくかったり、どうしても飛距離がほしい場面があるだろう。

そんなときはエギにシンカーを装着し、ウエイトをチューニングしてみよう。

今回はそんなエギのウエイトチューニングがかんたんにできるシンカーをまとめて紹介していく。

おすすめのチューニングシンカー

ダイワ「TGアゴリグシンカー」

ダイワから発売されている、エギのアイ部分に装着するチューニングシンカー。

シルエットが小さなタングステンを使用しているため、エギのバランスに影響を与えにくい

エギをいち早くボトムまで届けたいときに重宝するアイテムだ。

ナカジマ 「ヘッドシンカー」

ナカジマから発売されている、ワンタッチで装着できるチューニングシンカー。

シンカー部分はイカに違和感を与えないよう、水中で目立ちにくい黒色を採用している。

また塗装が強いことも魅力であり、コウイカやタコ狙いのようなボトムを引きずる釣りでも安心して使えるだろう。

ダイワ「仮面シンカー」

ダイワから発売されている、幅広いラインアップが魅力のチューニングシンカー。

1gから20gまで展開されており、水深や潮の流れに合わせて的確な調整ができる

比重が大きなタングステン樹脂を使用しているため、シルエットを小さく見せられることも嬉しいポイントだ。

ヤマシタ「エギ王TRシンカー」

ヤマシタから発売されている、ティップランエギング専用のチューニングシンカー。

バランスの良さと安定感に優れており、ショアでも活躍する場面が多い。

またこちらはヤマシタ製のエギのみならず、他社のエギにも対応する汎用性の高さも大きな魅力といえる。

第一精工「チューニングシンカー」

第一精工から発売されている、エギのチューニングに便利な糸オモリ。

シンカー部分に巻いたり、ボディ全体に巻きつけたりと使い方は自由自在だ。

値段も非常にリーズナブルであるため、ボックスにひとつ忍ばせておくことをおすすめする。

他のアングラーには届かないイカを

急流や深場など、シンカーがないと釣りにならないポイントにもイカは多く生息している。

またこのようなポイント以外にも、普通のエギでは届かないポイントにフレッシュなイカが溜まっていることも珍しくない。

本記事を参考にチューニングシンカーを選んで、他のアングラーには届かないイカをキャッチしてほしい。

この記事を読んだ人が次に読むのは

エギでアオリイカを釣ろう!初心者のための「エギングの始め方」徹底解説

穂先でアタリをとるエギング!「ショアティップラン」の釣り方を解説

タグ: