根がかりの救世主!テイルウォークが独自のノウハウを詰め込んだルアー回収機を新たにリリース

by テイルウォーク
タグ: / /
2019年10月03日 (最終更新日:2019年10月12日)

フレッシュウォーター、ソルトウォーターを問わず、様々な魚種を狙うためのギアを提案し続けるテイルウォーク[tailwalk]。

そんな同社が新たにブラックバス用の根がかり回収機「LURE PICK UPPER(ルアーピックアッパー)」をリリースする。

ルアーピックアッパーの特徴

ロープ型回収機としては最重量クラスのティアドロップ型ウエイト

根がかり回収機には大きく分けて2タイプの回収機がある。

ひとつはスティックタイプの回収機、もうひとつはロープタイプの回収機だ。

今回、紹介するルアーピックアッパーは後者のロープタイプとなる。

ロープ先端にセットされたティアドロップ型のウエイトは、225gとロープ型回収機としては最重量クラス。

根がかりしたルアーへ向かうスピードが速くなり、ヒットした時の高い押し出し効果迅速な回収が期待できる。

ウエイト上部にはワンタッチでの装着が可能なライン掛けリングを搭載した。

回収率を高めるためのこだわり多し!

ルアーを絡め取るチェーンは強靭かつ錆びづらく、ラフな使用にも耐えるチェーンを採用。

また、チェーン接続部はどんな方向からのアプローチでもルアーを絡め取りやすい絶妙な角度に設定。

これらのこだわりにより、様々なシチュエーションでもより安定して高い回収率を誇るようになった。

ロープを力強く引っ張るための取っ手部分

今までの製品は、根がかりしたルアーを捕えた後ロープを素手で直接引っ張るものが多く、力が入りづらい弱点があった。

しかし本製品の収納する取っ手部分には、高耐久性の樹脂を採用。

引っ張る際は、この取っ手部分を持って力強く引っ張れば、回収率も自ずとUPする。

皆さんは以下の場面で、スティックタイプの回収機が届かず四苦八苦した経験はないだろうか。

  • ボートでの深場の障害物狙い
  • 岸釣りなど足場が制限されるような釣り

ルアーピックアッパーはロープ長が約12mもあるので、そういった場面で活躍すること間違いなし。

しかも値段は衝撃の小売価格 ¥2,000!

プラグを1~2個回収しただけで元がとれるほどの、超バリュープライスも魅力のひとつだ。

既にリリースされているスティックタイプの回収機「ルアーキャッチバー240/300」とあわせて釣り場に持っていけば、根掛かりを恐れず攻め倒せる。

そしてその積極性はおのずと好釣果へとつながるはずだ。

テイルウォーク公式チャンネル

テイルウォーク

テイルウォーク

ソルト・バス・トラウト…。自由な発想と新しい提案で、スタンダードからハイエンドモデルまで幅広いラインナップを持つルアーブランド。常に挑戦し続ける姿勢が、世界中のアングラーの心を掴んでいる。
タグ: