【実釣インプレ】ヤマシタの「エギ王K シャロー 3号」を使ってみた!2019年新作秋エギを徹底解剖

タグ: / / /
2019年10月18日

ヤマシタから発売されている大人気のエギ「エギ王K シャロー」に3号サイズが新たに登場した。

同シリーズの大きな特徴である安定感をそのままに、秋エギングで使いやすくなったダウンサイズモデルだ。

今回はそんな注目アイテムを編集部が使用してきたので、インプレをお届けしよう。

エギ王Kシャローとは

エギ王Kシャローは、安定感とスローフォールいう相反する特性を両立させたエギだ。

春のエギングではすでに大きな支持を得ているが、秋のエギングでも使いたくなるシーンが数多くある。

今回はそんなアングラーの要望に応えるべく、3号サイズが新たにラインアップされた。

シャローエリアで効果抜群

秋のアオリイカは、エサを求めて積極的にシャローエリアへ侵入してくる。

このようなシーンでは広く探れるエギが有利である一方、自重が重いエギはフォールが速すぎて釣りにならない場合がある。

エギ王Kシャロー 3号は飛距離を出しながらスローなフォール見せられるため、ゴロタ場などの攻略に最適なエギであるといえるだろう。

スレたイカに効く

秋は数釣りが期待できるシーズンであるが、激戦区のポイントではスレたイカも数多く存在する。

とくに秋が深まるにつれ、徐々にエギを見切るイカが増えてくるだろう。

そのうようなイカに対しても、3号の小さなシルエットをスローに見せてあげることで攻略できる。

スーパーシャローモデルも展開

2019年より、新たにスーパーシャローモデルの3号も展開された。

これは足がつくようなシャローエリアや、秋エギングの醍醐味であるサイトフィッシングで重宝する。

3号のスーパーシャロータイプは非常に珍しいエギであり、うまく使いこなせれば周りのアングラーに差をつけられるだろう。

いままで獲れなかったイカが獲れるエギ

同エギはベーシックタイプのエギとはフォールスピードが違うため、慣れないアングラーには使いにくさを感じる可能性がある。

しかしながら、うまく使いこなせばいままで獲れなかったイカを獲れる名作のエギといえよう。

同製品の購入を検討している方へ、本記事のレビューが参考になれば幸いだ。

この記事を読んだ人が次に読むのは

【実釣インプレ】カルティバの「Draw4 タイブレイカー」を使ってみた!慣れない人でも使いやすいスーパーシャローモデル

秋エギング攻略におすすめの記事5選!秋ならではのアプローチを覚えよう

シャロータイプのエギおすすめ5選!イカにじっくりエギを見せよう

タグ: