10月におすすめのルアーターゲットを紹介!釣りのベストシーズンに狙うべき魚とは

タグ: / / / / / / / /
2019年10月01日

10月は過ごしやすい気候であり、朝から晩まで一日中釣りをしていたくなるシーズンだろう。

海の中は徐々に水温が低下し、冬に備えて荒食いをする魚が出現してくる。

今回はそんな10月に狙い目のソルトルアーターゲットを紹介していこう。

10月におすすめのソルトルアーターゲット

イナダ(ハマチ)

ブリの若魚であるイナダ(ハマチ)。

夏によく釣れていたワカシやツバスとよばれるサイズが成長し、10月になると40〜60cm程の魚が堤防から狙える。

サイズアップしたイナダは引きも格段に強くなり、非常にスリリングなファイトを楽しめる。

またこの時期はベイトをたっぷり食べているため、脂が乗っており食味も良い

大きな群れに当たれば数釣りも楽しめるので、ぜひこのシーズンにショアジギングを楽しんでいただきたい。

アオリイカ

身近な堤防に群れで回遊し、ひと潮ごとに大きく成長するアオリイカ。

10月になるとエギを抱くサイズの個体が増え、秋エギングの本格シーズンに突入する。

秋のアオリイカは活性が高く、10月であれば初心者でも比較的かんたんに釣れるシーズンだ。

しかしながら初秋から叩かれているポイントでは、すでにエギに見慣れてしまったシビアな個体も現れてくる

したがってあらゆる状況に対応できるよう、サイズ、カラーともに幅広いエギを準備しておこう。

シーバス(スズキ)

全国各所で人気のターゲットであるシーバス(スズキ)。

一年中釣れる魚であるが、秋が深まると冬に備えた荒食いシーズンに突入する。

シーバスは難しいイメージを持たれがちであるが、10月は初心者でも釣果を得やすいシーズンだ。

とくに雨が降ったあとなど、濁りが入るとさらにチャンスは高まる。

都市部近くのポイントにも数多く生息しているため、ちょっとした空き時間に近所へ狙いに行くのも楽しいだろう。

タチウオ

エサ釣り、ルアーり問わず全国各所で人気のターゲットであるタチウオ。

全国で地域差はあるものの、10月はもっともショアから狙いやすくなる季節だ。

タチウオは神出鬼没な魚であり、海況が少しでも変わると全く反応がなくなることも珍しくない。

ルアーは手返しがよく幅広いレンジを探れるため、状況次第ではエサ釣りよりも有利となることもある

ワインドやメタルジグなどさまざまなルアーを準備し、テクニカルなルアーゲームを楽しんでいただきたい。

10月は釣りのベストシーズン

10月は対象魚が豊富であるうえ、魚の活性が高まりやすい季節だ。

釣りのベストシーズンといっても過言ではなく、初心者でも大型魚を狙えるチャンスがある。

本記事を参考に、10月もソルトルアーフィッシングを楽しんでほしい。

この記事を読んだ人が次に読むのは

ショアジギング初心者におすすめの記事5選!基本と釣果アップのコツをまとめて紹介

秋エギング攻略におすすめの記事5選!秋ならではのアプローチを覚えよう

【実釣レビュー】テイルウォークの「ソルティシェイプダッシュ ライトショアジグ専用モデル」の強みを検証!秋はライトショアジギングを楽しもう

ライトショアジギングの決定版!キズを負って沈下するベイトに模倣する「ショアグライダー」の秘密

タグ: