秋のヒラメ狙いへ!地形変化を把握することで手にした価値ある1枚

タグ: / / /
2019年09月25日

こんにちは!

北海道のおかっぱりからルアーフィッシングを楽しんでいる、ヒラメ大好き!グッドハンドのRyoHと言います!

北海道も9月に入り、日によってはかなり寒い日が増えてきました。それに伴い、ショアからのヒラメもそろそろ終盤戦!

僕が狙っている日本海エリアは、毎年ヒラメを狙って釣れるのが10月いっぱいまで!

あと少しのシーズン、楽しんでいきたいです(^^)☆

秋のヒラメ狙いへ

今回は、スポーニングを終えすっかり落ち着いてきた秋のヒラメ!

仕事終わりに急いで夕マズメに向けてポイントに向かい暗闇になっても打ちまくりましたが、ノーバイト!

そのまま車中泊して暗い時間帯からエントリーして朝マズメを過ぎた時間まで粘るも、ノーバイト(笑)甘くないです(^_^;)

この日は日中はすごく暖かく、車中泊してると煮えてしまう位暑かったため、一旦自宅に帰宅し、夕マズメに間に合うように爆睡!

すっかり身体も気持ちもリフレッシュでき、再度ヒラメ狙いで家を出発しました!

満潮手前の時間に絞ってポイントにエントリー!

まだ薄暗い時間帯は、今年座布団を量産してくれている「Jacksonアスリート12SSP 」で広範囲にサーチしてみるも反応はなし!

手前のストラクチャー周りを細かく探るためにワームにチェンジして夕マズメを迎え撃ちます。

ボトム付近を入念に探る

ハードルアーよりもより細かく点で撃ちながら狙う事数時間。すっかり真っ暗になり、手元の感覚だけで釣る時間帯。

元々ナイトロックが釣りのベースとなっている僕は、この暗闇の中の感覚だけで釣りをするのが非常に好きなのでわくわくしながら、丁寧に丁寧にランガン!

ある程度地形を把握しているポイントなので、地形変化に合わせて少し遠めにキャストし、カーブフォールで地形に合わせてボトムに着底させ、リアクション狙いで瞬時にアクションを入れた瞬間に、ゴンッ!!

と中々食い気満々のバイトで、すかさず鬼フッキング!

ハードルアーとはまた違うフッキングの感覚を味わいつつ、慎重に寄せて無事ランディング!

アシストにガッチリ!気持ちいいフッキングで大満足の1枚をキャッチする事が出来ました☆

ノーバイトをくらっても心折れずに狙い続けてキャッチ出来た最高の1枚でした!

簡単にポンと釣れる事も意外と多いヒラメ。でも狙っても狙っても全く釣れないヒラメ。

釣れない時ほど、狙いに狙って釣る事が出来た時の感動が本当にハンパ無い、そんなヒラメ釣りが本当に楽しくて好きだなぁと、つくづく実感した北海道秋のヒラメ釣行でした☆

ヒットルアーは、僕がもぉ4年ほどずっと信頼して使っているアンモナイトシャッドにジャングルジムのジグヘッド、スリーパーマッチョDXに自作アシストセッティングでの釣果でした☆

リアルタイムでの釣果情報をインスタグラムに載せさせていただいてますので、ぜひそちらもいいね・フォロー、コメント頂けますと嬉しいです☆

グッドハンドフィッシング インスタグラム

RyoHさん(@goodhandfishing) • Instagram写真と動画

本日も、最後まで読んで頂き、ありがとうございました☆

この記事を書いた人

RyoH

RyoH

元スケートボーダー。マッサージサロン「GOOD HAND」の経営者で、ずば抜けた集中力で好釣果を上げる凄腕アングラー。
タグ: