ダイワから新型レバーブレーキリール「シグナス LBD」が登場!上位機種にも迫る機能でエントリーモデルとして最適な1台

タグ: / / /
2019年09月26日

出典:DAIWA : シグナス LBD – Web site

ダイワ[DAIWA]から新型レバーブレーキリール「シグナスLBD」が登場した。

BITURBOブレーキをはじめとした上位機種にも迫る豊富な機能で、レバーブレーキリールの購入を考えている方にはおすすめの1台だ。

「シグナスLBD」の特徴

出典:DAIWA : シグナス LBD – Web site

本製品の大きな特徴は、赤と黒を基調としたカラーリングと「BITURBOブレーキ」をはじめとした豊富な機能といえる。

エントリーモデルでありながら必要な機能はほぼすべて揃っており、フカセ釣りにおいてレバーブレーキリールの導入を考えているアングラーには特におすすめしたいリールだ。

黒をベースとしたボディに燃ゆるような赤が絶妙なアクセントとなり、さまざまな竿に合わせやすいだろう。

余談だが、本製品は実質的に「トライソ」と「プレイソ」の後継機にあたると予想される。

「シグナスLBD」に搭載された機能一覧

出典:DAIWA : シグナス LBD – Web site

  • BITURBOブレーキシステム
  • ZAIONブレーキレバー
  • ワンタッチアルミハンドル
  • LC-ABS
  • ハイグリップTノブ
  • マグシールド
  • ATD
  • AIR BAIL(エアベール)
  • TWIST BUSTER_Ⅱ(ツイストバスターⅡ)
  • AIR ROTER(エアーローター)
  • DIGGEAR・DIGGEARⅡ

上記を見るだけでも、本製品への力の入れようが感じられるだろう。

上位機種に迫る機能が価格からは考えられないほど豊富に搭載されており、ハイコストパフォーマンスという言葉にふさわしいスペックとなっている。

「BITURBOブレーキシステム」とは

出典:DAIWA : シグナス LBD – Web site

これまでのブレーキシステムよりも強力かつレスポンス時間が大幅に短くなった「BITURBOブレーキシステム」。

「シグナスLBD」の前モデルである「トライソ」は最大ブレーキ力が10㎏であるのに対して、今回の「BITURBOブレーキ」では最大14㎏というブレーキ力を計測している。

出典:DAIWA : シグナス LBD – Web site

そしてブレーキ効率は従来品の半分にまで上がった。

以前よりも半分程の力でブレーキをかけることが可能になり、より楽にブレーキを操作することが可能となる。

出典:DAIWA : シグナス LBD – Web site

またレスポンス時間は1/4にまで短縮することに成功。

レスポンス時間の短縮とブレーキ効率の上昇は、魚とのやり取りを楽にしてくれるため、根に潜られるのを防ぐことができる。

動画でも機能を紹介

動画内で「シグナスLBD」と共に登場したのは、「ラグザスLBD」だ。

同社の公式Youtubeチャンネルでは両リールの詳しい機能が紹介されているので、気になる方は必ずチェックしておこう。

「シグナスLBD」のスペック

品名 巻き取り長(cm) ギア比 自重(g) 最大ドラグ力(kg) 最大ブレーキ力(kg) 糸巻量ナイロン(号-m) 価格(税抜)
2500LBD 80 5.3 285 8 14 3-150 25,000円
2500H-LBD 93 6.2 285 8 14 3-150 25,000円
3000LBD 80 5.3 285 8 14 4-150 25,000円
3000H-LBD 93 6.2 285 8 14 4-150 25,000円

「シグナスLBD」の発売日

2019年9月発売予定

この記事を読んだ人が次に読むのは

自宅で作れば節約できる!針持ちのバツグンな「ハード加工のオキアミ」の作り方を解説

【第1回】ルアーに飽きたら行き着く境地…魅力満載のフカセ釣りをやってみよう!

フカセ釣りに新しい風が!話題の「PE釣法」のメリットとデメリットとは

タグ: