トップページ>シーバス>シーバス釣りで釣果をアップさせるための10個のコツ

シーバス釣りで釣果をアップさせるための10個のコツ

タグ: /

アクセス 2015年09月26日

6.場休めも大切に

釣れないときにキャストをし続けるのも大切だが、場休めも大切である。ルアーを通し続け、シーバスを警戒させ続けるよりも少し時間を空けて、警戒心を解いてやるのも大切だ。

7.小場所では一発で

橋脚やストラクチャーなどピンポイントでシーバスが着いていて、正確なキャストが必要となるポイントでは一発でルアーを通せるようにしよう。ミスキャストしルアーを回収すると、それをシーバスは見ており、警戒してしまうのだ。

8.ランガンしよう

シーバスが釣れないときにはどんどんポイントを変えよう。過去の実績や、ベイトフィッシュの有無で次のポイントを選ぶのがよい。

9.ウェーディングの際には出来るだけ動かない

ウェーディングの際には周囲のシーバスを散らしてしまわないように、釣り場を決めたら出来るだけその場から動かないようにしよう。そのためにも釣りを始める際に闇雲に場所を選ぶのではなく、考えて場所を選ぼう。

10.釣れると信じて

最後まで釣れると信じて釣りをしよう。釣れないと思ってしまうと、釣りが雑になってしまい釣れる魚も釣ることが出来ない。

細かいことに気を使おう!

このようなおろそかにしがちな点に注意して釣りをすれば大幅な釣果アップは望めなくても、これまでの釣果に+1匹出来るようになるぞ。

関連商品

投稿ナビゲーション

タグ: /

ツリホウ (釣報)の更新情報を受け取る

  • Facebookで

  • Twitterで

  • feedlyで

    follow us in feedly
  • RSSで

    RSSを登録

カテゴリ

公式チャンネル

  • ジャクソン
  • ツリバカメラ
  • テイルウォーク
  • メジャークラフト