テーマ別

トップページ>シーバス>シーバス釣りで釣果をアップさせるための10個のコツ

16240175905_787811b56c_k (1)

16721アクセス 2015年09月26日

シーバス釣りで釣果をアップさせるための10個のコツ

タグ: /

16240175905_787811b56c_k (1)

出典:Industria y Tradición | Flickr – Photo Sharing! (CC BY-SA 2.0)

シーバス釣りでは様々なテクニックを状況に合わせて使うことが出来るアングラーが釣果を出すことが出来る。それはルアーの選び方や操作技術だけではない。今回はルアー選びや技術以外での釣果アップのコツを10個紹介しよう。

シーバス釣りで釣果をアップさせるための10個のコツ

1.出来るだけ飛距離を出す

ルアーを投げる際には出来るだけ飛距離を出すようにしよう。飛距離を出せばそれだけ広範囲のシーバスにアピールできるため、釣果アップが望める。疲れていてもフルキャストだ!

2.アプローチは慎重に

釣り場の足下にシーバスが潜んでいることも少なくない。そんなときのために、警戒されないように静かにポイントに入ろう。大勢でワイワイ話しながらする釣りも楽しいが、釣果を求めるならば静かに釣りに集中しよう。

3.立ち位置は一歩下がって

デイゲームではシーバスからアングラーの様子がよく見える。この場合は警戒され、ルアーに食ってこなくなることがあるので、釣りをする際には水辺から少し下がって釣りをしよう。細かいことだが、同じ理由で派手な服装はシーバスから見つかりやすいため避けよう。

4.水面は照らさない

ナイトゲームでは決してライトで水面を照らしてはいけない。「ここで釣りをしていますよ」とシーバスに教えているような物だ。一度でも照らすと周囲のシーバスが警戒し、自分だけでなく周りのアングラーにも迷惑をかけてしまう。

5.水面に影を落とさない

水面に自分の影を写してしまうとシーバスはアングラーの存在に気づいてしまうので、出来るだけそれは避けよう。太陽や常夜灯との位置関係でどうしても写ってしまうことは仕方ないが、そんなときには水面に映るほかの影に身を隠そう。

【次ページ:「場休めを大切に」など】

投稿ナビゲーション

タグ: /

釣報(ツリホウ)の更新情報を受け取る

  • Facebookで

  • Twitterで

  • feedlyで

    follow us in feedly
  • RSSで

    RSSを登録

公式チャンネル

  • メジャークラフト