トップページ>その他>フックのステルス性もアップ!?ルアーのアピール力を向上させる「ティンセル」付きフックの効果と作り方

フックのステルス性もアップ!?ルアーのアピール力を向上させる「ティンセル」付きフックの効果と作り方

タグ: / /
2015年09月23日 (最終更新日:2018年03月02日)

maxresdefault (1)

出典:ティンセルフックを作るっ!/Make the Tinsel treble hook. – YouTube

メタルジグのアシストフックやトリプルフックに装着されていることがある、糸状の光る物体。名前は「ティンセル」と言う。

普段特に意識しないティンセルだが、実は装着されていることにより様々な効果が発生している。

今回はそんなティンセル付きフックの効果と、その作り方を紹介する。

「ティンセル」の効果とは?

ルアーのフックや仕掛け針に装着されているティンセル。

フックにティンセルを装着することにより主に3つの効果が生まれる。

1.アピール力アップ

フックにティンセルを装着することにより、ティンセルのフラッシング効果でルアーのアピール力をアップさせることができる。

デイゲーム用のルアーや、青物用のメタルジグに装着されていることが多いのはこのフラッシング効果を期待していることが多いためだ。

2.フックのステルス性アップ

ティンセルを装着することでフックの存在を隠す効果もある。

デイゲームでは魚も視覚を利かせて獲物に襲いかかる。この場合ルアーに装着されているフックの存在に気付き、ルアーを見切ることもあるため、そのステルス性を上げるのにティンセルは効果的だ。

3.ルアー及びフックの沈下スピードのスロー化・沈下フォームの調整

ティンセルは水中で抵抗になるため、空中でのパラシュートのように沈下スピードをスローにする効果もある。

この効果は非常に重要で、フォールによって食わせるメタルジグなどは水中でのアピール時間を延ばすことができる。

多くのメタルジグにティンセル付きのフックが標準装備されているのは、このフォールスピードの低下が目的の場合が多い。

さらにティンセルにより、フォール中の水中フォームを調整することもできる。

多くのルアーは水中で水平姿勢をとった状態でバイトされることが多い。そのためフォール時の水平姿勢を少しでも長く維持するために、ウエイトバランスの誤差をティンセルにより調整しているジグもあるのだ。

フックのティンセルは意外に重要

フォールバランスの面でティンセルは非常に重要。

特にフォールでバイトさせるタイプのジグを使う場合は、フック交換時も純正のフックを使うようにすると緻密に計算されたフォール姿勢を再現できるようになる。

また、巻きで釣るタイプのジグやルアーにティンセル付きフックを装着すると、アクションに影響を与えることなくアピール力をアップさせることができる。

メタルバイブやスピンテールジグに装着すると効果的なので、そのようなルアーを多用する方はティンセル付きフックに交換することでさらに釣果を伸ばせる可能性もあるのだ。

【次ページ:ティンセル付きフックの作り方】

タグ: