初心者におすすめ!1〜2万円で購入できるショアジギング用ロッド5選

タグ: / / / / / / / /
2018年08月10日 (最終更新日:2019年05月29日)

ショアジギングロッドはシーバスロッドと比べブランクスやガイドなどが太く、十分な強度を持たせて作られている。

その分シーバスロッドと比べると重いが、磯から挑むことが多いショアジギンでは、この強さが安全につながることを覚えておこう。

今回は一般的なショアジギングで用いるであろう60g前後のジグをキャストすることを想定して、初心者におすすめの低価格帯のロッドを紹介しよう。

初心者向けショアジギングロッドのおすすめ5選

シマノ「コルトスナイパー BB」

シマノから発売されているショアジギングロッドの中で、最も低価格でコストパフォーマンスに優れたロッドといえる「コルトスナイパー BB」。

コルトスナイパーの廉価版ではあるものの、強化構造「ハイパワーX」を全身に武装し、ショアジギングで必須となる遠投性能と青物に負けない強靭なパワーをあわせ持つ。

1万円代ながら本格仕様となっているので、迷っている方はまずはこの1本から始めてみよう。

ダイワ「ジグキャスターMX」

ダイワから発売されているショアジギングロッドの中で、ジグキャスターの上位ロッドにあたる「ジグキャスターMX」。

ノーマルのジグキャスターよりも価格は若干高いものの、Kガイドが搭載されているうえに、ブランクスのパワーも格段に上がっている。

リールシートにはダブルナット構造を採用し、激しいシャクリでもリールシートが緩まない本格仕様となった。

2万円に届きそうな価格だが、長く使う相棒としてはこれほど頼もしい入門ロッドもそうそうないだろう。

メジャークラフト「3代目 クロステージ ショアジギングモデル」

ブランクスにマイクロピッチクロスフォース製法を採用することでネジレに強く、リフティング力を高めた「3代目 クロステージ ショアジギングモデル」。

潮流の速いフィールドで必要となる80g前後のメタルジグでも安心してキャストでき、シャープで軽いブランクスからは想像がきでないパワーで魚を浮かすことができる。

本格仕様ながら、初めての本格ショアジギングロッドにももってこいの価格帯なのも嬉しいポイントだ。

ジャクソン「オーシャンゲート」

厚めの24tカーボンをブランクスに採用することにより、適度な粘りを持つ「オーシャンゲート」。

ジャクソンが培ってきた独自のテーパーデザインで、強靭か つ持ち重りの少ないハイバランスな設計に仕上げている。

価格も1万円代と最初に購入する1本としては申し分なない。

アルファタックル「クレイジー」

テイルウォークブランドで培った経験とノウハウを惜しみなく注ぎこんだ本格的なロッドアクション、パーツやデザインにもこだわったワンランク上まで目指せるエントリーモデルのロッド「クレイジー」。

とにかく安く、そして本格仕様を味わいたい初心者に特におすすめしたいロッドだ。

上記で紹介しているのはMHのモデルだが、MAX60gまで背負えるHモデルもあるので好みで選ぶといいだろう。

以前ツリホウでも紹介したロッドなので、詳細が気になる方はぜひ以下の記事をチェックしてほしい。

あらゆるルアーゲームの専用機をラインナップ!10,000円前後でオフショアまでカバーするアルファタックル「クレイジー」シリーズを紹介

入門モデルでもスペックは十分

入門モデルながら必要十分なジグの重さを扱え、バットパワーも申し分ないロッドたち。

今年こそはショアジギングに挑戦すると意気込んでいる方は、自分に最適なロッドを見つけてみよう。

関連記事

レベル別に徹底解説!ショアジギングロッドとリールの選び方

ショアジギング時におけるメタルジグのフックセッティングまとめ

ショアジギングで釣果を伸ばす「ジグ操作の基本とコツ」

ハイギアとローギアの選び方!最初の一台におすすめなのは?

強力な結束を求める方へ!PEラインとリーダーを結ぶ「ミッドノット」の結び方

「イモムシノット」の結び方を解説|青物用コンビリングへの結束に最適

憧れの青物攻略のヒントに!マリアから「青物トップォータールアーにおけるカラーの選び方」の解説映像が公開

【入門者必読】膨張式ライジャケは絶対ダメ!磯釣り全般における危険性と、必要装備、マナーまとめ

タグ: