シロギスにマダイ、そしてマゴチまで!チョイ投げリベンジ釣行記

タグ: / / / / /
2019年09月03日

前回のキス釣りが貧果に終わったので、今回はリベンジ釣行。

前泊して夜明けからポイントに入り、涼しいうちにランガンして数を稼ごうという作戦。

まずは釣り具でジャリメを購入しつつ、近況を聞くと「最近降った雨のせいで調子が悪い、けど頑張って!」とのこと。

まぁ、しゃーないか。

一人で悩んでいると、タイミングよく友人から同じエリアで子供と一緒にキス釣りする予定らしいので一緒にやろうということに。

翌朝、まず先行して第一候補のサーフ。聞いた通りの状況で中々反応が悪い。

1時間歩き回ってこの一匹だけ。

一度合流して作戦会議。

子供ちゃんもいるし、足場のいい漁港周りにポイント変更。

到着後、まずは餌のつけ方のレクチャーから。

子供ちゃん曰く、ジャリメはニョロニョロ虫って言うのが正しいらしい。

ニョロニョロ虫を付けたらいざキャスト!

一投目から当たりがありヒット。

そして、子供ちゃんの「持ちーーーたーーいー!!!」コール。

針を外してキスを進呈。

移動して一匹目だったから写真撮りたかったけど、まいっか。

続いて何かモゾっとした当たりがあって、探り探り巻いてくるとカニ。

子供ちゃんに報告すると、もう大興奮。

大喜びでバケツに入れて観察会。

「カニが一番カッコいい!!」

そう言われると釣った側にすると嬉しい一言。

たまたま釣れただけなんですけどね。

子供ちゃんがカニに夢中のうちに自分の釣りをすると、足元でかすかな当たりがある。

「キスのような…違うような…」

するとガツンと強烈な当たりで下に潜ろうとするのを止めて引き抜くとマゴチ。

それを見てた子供ちゃんが駆け寄ってきて再び「持ちたーーいー!!!」コール。

「待って!トゲあるから!」

「ねぇまだ!!」「まだ!」

子供ちゃんを制止しつつマゴチの針外し中にザクッと俺に手にトゲが刺さり流血。

「ね!危ないでしょ!」

「うん…」

大人しくなったものの持ちたくてうずうずしてるのは伝わってきたので、プライヤーで挟んで手渡すと満面の笑み。

子供ちゃんの大本命らしく、今日はマゴチを釣るのが目標だったらしい。あんまり嬉しそうだったんでマゴチはプレゼント。

その後、大人達は大して釣れないのに子供ちゃんだけ鯛やらアジやら本命やらバシバシヒット。

釣れない大人達は子供ちゃんのサポート。

そのうち子供ちゃんにも当たりが止まって、釣りに飽きてきて一緒に虫探し。

フナムシに抵抗が無いのは流石。

俺は単品でいる時は平気だけど、群でいる時はムリ!!キモい!!

しばらく遊んでガス欠になったのか、眠そうな子供ちゃんと大人達。もうヘロヘロだけどまだ竿を振りたい3人。ポツポツと追加してこの日初の多点掛け。

最後に良型のキスもゲットして終了。

終わってみたら前回より釣ってない!!

けど、いいや。

楽しかったから!!

この記事を書いた人

Aji-can

Aji-can

独自の考えでオリジナルカラーを創出する実釣主義のルアーペインター。「答えは常にフィールドにある!」がモットー。
タグ: