シマノからライトゲーム用ルアー「ソアレ ライズショットDI」が登場!ジグ単にも負けない釣果とバレづらさを誇るライトゲームプラグ

タグ: / / /
2019年08月28日

出典:ソアレ ライズショット DI 46SS・46HS [Soare Rise Shot DI 46SS/46HS]|ルアー|用品|製品情報|シマノ -SHIMANO-

シマノ[SHIMANO]からライトゲーム用ルアー「ソアレ ライズショットDI」が登場した。

ジグ単にも負けない釣果とバレづらさを誇るライトゲームプラグだ。

「ソアレ ライズショットDI」の特徴

出典:ソアレ ライズショット DI 46SS・46HS [Soare Rise Shot DI 46SS/46HS]|ルアー|用品|製品情報|シマノ -SHIMANO-

本製品はジグ単にも負けない釣果とバレづらさを誇るライトゲームプラグだ。

フロントに専用アシストフック、そしてリアにトレブルフックが標準搭載しているが、フロントのアシストフックことがメインフックであり、リアのトレブルがアシスト扱いだという。

このフックシステムが驚異的なバレづらさのキモとなるようだ。

「ソアレ ライズショットDI」使い方

本製品はプラグだが、ジグ単と同じ使い方をすることで最大の効果を発揮する。

よってジグ単メインのライトゲーマーにとっては即戦力になるプラグといえるだろう。

もちろん一般的なプラッギングゲームのように、ただ巻きで誘うことも可能だ。

スローシンキングタイプ(3g)とヘビーシンキングタイプ(6g)があるので、フィールドの水深によって使い分けてほしい。

よく耳にする「ジグ単(ジグたん)」ってなに?アジングのファーストステップ講座

カラーの選び方

本製品のカラーラインアップは全11色となっている。

その中でも軸にすべきカラーは、

  • チャートグロー:中のグローボールが、少し渋い状況のナイトアジングに効く
  • クリアクリスタル:活性が高い状態のアジングに効く

上記の2色で間違いないようだ。

ホログラムカラーもあるので、時と場合によってカラーローテーションをして釣果を伸ばそう。

基本アクション

先にも触れたが、本製品はジグ単と同じ使い方をすることで最大の効果を発揮する。

よってただ巻きや細かいトゥイッチを入れながら攻めるとよいだろう。

基本のアクションはI字系というアクションがほぼ発生しない泳ぎ方となる。

ウォブリングやロール系のアクションのようにブリブリ泳がないため、魚がスレづらく数釣りもしやすい。

「ソアレ ライズショットDI」のスペック

  • サイズ(mm):46
  • 自重(g):3/6
  • カラー:全11色(フルグローは狂鱗ホロを不採用)
  • 価格(税抜き):1,590円

Amazonで購入

この記事を読んだ人が次に読むのは

10秒、万能、強い!幅広い釣種に使える「トリプルエイトノット」の結び方を解説

エステルラインのトリセツとバックラッシュ問題を解決!アジングのファーストステップ講座

ジャッカルからアジング専用メタルジグ「ナノドロップ」が登場!ナイトゲームでも使える食わせの要素が詰まった新構造メタルジグ

タグ: