座布団ヒラメ再び!今シーズン3枚目の大物を仕留めた状況とは

タグ: /
2019年08月23日

こんにちは!

北海道のおかっぱりからルアーフィッシングを楽しんでいる、ヒラメ大好き!グッドハンドのRyoHと言います!

暑い日がかなり続いた北海道も、8月の中旬に入り涼しい日が増えてきて、釣りがしやすい時期に入ってきました。

そろそろ本格的に鮭釣りのシーズンに入ってくる北海道!

道外の方の中には、鮭って釣ったらダメなんでしょ!と勘違いされている方も多いのですが、こちらでは川や河口規制がかかっているエリア外では鮭を狙う事が普通にできるので、連日ポイントとなるエリアは人だらけになるのが当たり前(^^;)

これからの時期は鮭狙いの方でごったがえす季節に入ってきます。

そんな中、チャンスとなるのがショアからのヒラメ狙い!

この時期からは鮭釣りにまわる方が多いため、ヒラメ狙いのポイントは人が少なく狙いやすい状況に☆

今回は、仕事終わりの夕マズメ!満潮からの下げはじめとマズメ時が重なる絶好のタイミングに合わせて出撃してきました!

数日前に海が少し荒れて落ち着いてきた所で、濁りも落ち着いてきて良い条件が重なったため、出す気満々でポイントへ向かいました(^^)

何度か来ているポイントに入り、まずは実績のあるラインを通しながら状況をチェックするところからスタートしました!

いつもとはかなり潮の流れが違っていて、実績が全く無いエリアがかなり良い潮の動きをしていたので
、固定概念にとらわれずに実績ラインをすてて潮に合わせて狙いを絞ってみました。

風は無く潮の動きもキツ過ぎずしっかりボトムが取れる状況で、ポイントになりそうなエリアが遠かったのでルアーはアスリート12SSP シンキングペンシルで狙います!

前々回の釣行で座布団ヒラメをつれてきてくれた、最近の僕の一番のお気に入りルアーです(^^)

潮が動いている部分と動いていない部分が1箇所だけ明確に分かれている状況で、フルキャストして潮が動いている部分と動いていない部分、そして境目と、ラインを少しずつかえながら丁寧に狙っていきました!

境目にフルキャストして着水後フリーフォールでボトムまで落とし、そこからジャークで3m前後を意識して浮かせカーブフォールでゆっくり落とし込みながら狙っていくと。

着底からのジャーク3回目でジィッ!!

激しい追い食いで気持ちいいバイト!しっかりと鬼フッキングすると、速攻で出るドラグ音!

前回釣った座布団ヒラメは水面に寄せるまでほぼほぼ抵抗しませんでしたが、今回の個体はフッキングして間もなく暴れまわり、気持ちよくドラグが出ていきます。

ガンガンドラグを出してくれる個体は、大小かかわらずドキドキさせてくれる瞬間です☆

最初にしっかりと走ってくれたのもあり寄せてくる時に暴れる事も少なく、無事一人タモ入れ完了です☆

座布団ヒラメ74㎝/3.620kg

ヒットルアー:Jackson/アスリート12SSP ・ヒラメノエサ

今シーズン3枚目の座布団ヒラメ。

3枚とも釣れたのはシンキングペンシル。ワームじゃ届かない、メタルジグでは出せないフワッと感とシルエットでのアピール力。

メタルジグ並みにぶっ飛ぶアスリート12・14SSPで無ければきっととれなかっただろうと思える3枚の座布団ヒラメ。

もう最高以外の言葉が見つからないです。本当に最高の出会いを作ってくれました☆

今年は特にデカいのが上がっているシーズンなので、あと2ヶ月ほど!まだまだヒラメを追って海に繰り出したいと思います(^^)

リアルタイムでの釣果情報をインスタグラムに載せさせていただいてますので、ぜひそちらもいいね・フォロー、コメント頂けますと嬉しいです☆

グッドハンドフィッシング インスタグラム

RyoHさん(@goodhandfishing) • Instagram写真と動画

本日も、最後まで読んで頂き、ありがとうございました☆

この記事を書いた人

RyoH

RyoH

元スケートボーダー。マッサージサロン「GOOD HAND」の経営者で、ずば抜けた集中力で好釣果を上げる凄腕アングラー。
タグ: