アクセサリーショップ「パーツクラブ」が面白い!釣りに使えるパーツを格安で手に入れよう

タグ: / / /
2019年09月10日

オリジナル仕掛けを作ったり、ルアーをカスタマイズして楽しんでいるアングラーは多いだろう。

魚が釣れる喜びももちろんであるが、これらを家で作っている時間も釣りの楽しみのひとつといえる。

今回はそんな釣りに使えるパーツが手に入るアクセサリーショップ「パーツクラブ」を紹介していこう。

パーツクラブとは

パーツクラブ[Parts Club]とは、全国に展開されているアクセサリーパーツ専門店だ。

ユーザーの多数が女性であり、一般男性にはあまり馴染みのないお店だろう。

しかしながら、アングラーであれば男性も思わずテンションが上ってしまうほど充実の品揃えを誇っている

ビーズが種類豊富

パーツクラブでは、非常に豊富なビーズの品揃えを誇っている。

仕掛けのチモトを飾る極小ビーズから、ロックフィッシュゲームなどに使いたい大型のビーズまで何でも揃ってしまうだろう。

アクセサリーパーツの専門店というだけあり、普段は馴染みのないカラーや大きさのビーズが豊富に揃えられている。

仕掛けやリグを自作するアングラーにとって、アイデアが膨らむことは間違いないだろう。

釣具店で手に入らないビーズを使用することで、他のアングラーとは違った見せ方で魚にアピールできるかもしれない

ブレードが安い

パーツクラブでは、釣りに使えそうなブレードも数多く発売されている。

さまざまな形状や大きさ極小サイズのブレードもあり、カスタマイズの楽しさが広がるだろう。

手持ちのローリングサルカンとスプリットリングを組み合わせ、手持ちのメタルジグをブレードチューンしてみた。

ブレードが1枚50円程度であるため、こちらの制作費用はわずか60円程度しかかかっていない。

パーツクラブのブレードは、このように非常にリーズナブルな価格で手に入るという点も魅力的だ。

アレンジ次第で使えそうなアイテムも

パーツクラブではこの他にも、アングラーのアイデア次第で使えそうなパーツが盛りだくさんだ。

スプリットリングや、針をつければそのまま釣れそうなアクセサリーパーツなど、思わず使ってみたくなるアイテムが豊富に揃えられている。

あくまでアクセサリーのパーツ

これらはあくまでアクセサリー用のパーツであり、釣具として作られたものではない。

水中での使用は想定されていないため、使い方によってはすぐに塗装が剥げたり破損してしまう可能性も考えられる

釣りで使用する際は、これらのリスクを踏まえた上で楽しむようにしよう。

釣りの楽しさが広がるお店

パーツクラブには、釣りで活躍する可能性を感じるアイテムが多く揃えられている。

自作仕掛けやルアーのカスタマイズを楽しむアングラーであれば、釣具店と同じ感覚で楽しめるお店だ。

本記事を読んで興味を持った方は、ぜひ近くのパーツクラブに足を踏み入れてみよう。

パーツクラブ 公式サイト

ビーズ・手作りアクセサリーパーツ販売|Parts Club(パーツクラブ)

タグ: