実売1万円以下の船釣り用ベイトリール5選!船釣りにデビューにおすすめの一台とは

タグ: / /
2019年08月06日

船釣りはタックルの値段が高く、初心者には敷居が高い釣りだと思われていないだろうか。

近年は技術の進歩もあり、メーカー各社より高コストパフォーマンスのリールが数多く発売されている。

今回は初めての一台におすすめな、実売1万円以下で購入できる船釣り用ベイトリールを厳選して紹介していこう。

おすすめ船釣り用ベイトリール

シマノ「幻風」

シマノから発売されている、エントリーモデルとして人気の船用ベイトリール。

カワハギやマルイカ、タチウオなど、近海の小物釣りに幅広く対応している。

手に取りやすい価格ながら、それを感じさせないスタイリッシュなデザインも魅力のひとつといえる。

ダイワ「プリード」

ダイワから発売されている、エントリーモデルに最適な船用ベイトリール。

自重が軽いため、イカメタルゲームやカワハギ釣りなどの感度を必要とする釣りに最適だ。

またドラグ性能も申し分なく、大型魚とのやりとりが必要なタイラバでも十分に使用できるだろう。

アブガルシア「レッドMAX船」

アブガルシアから発売されている、ロングハンドルを搭載した船用ベイトリール。

力を込めた巻き上げができ、30号程度の錘を使用する際もストレスを感じない

ハイギア仕様であるため、カワハギやマルイカなどの手返しのよさを求められる釣りに最適だ。

テイルウォーク「バサル」

テイルウォークから発売されている、高い汎用性が魅力のソルトウォーター対応ベイトリール。

ショアからのキャスティングに適したモデルであるが、オフショアでも高いパフォーマンスを発揮する。

船だけにとどまらず、ショアの釣りもベイトリールで楽しみたいアングラーにおすすめのリールだ。

リアルメソッド「ギネガ」

リアルメソッドから発売されている、1万円以下では希少な丸形ベイトリール。

アルミボディを採用しており、高い剛性と軽量性が魅力だ。

最大7kgのドラグ力を備えているため、ヒラメやマダイといった近海の大物狙いでも十分に戦える

船釣りの楽しさを実感しよう

近年のリールの進化は凄まじく、エントリーモデルでも十分な性能を誇っている。

いずれも汎用性が高く、一台持っておけばあらゆる釣りにチャレンジできるだろう。

本記事を参考にリールを選んで、船釣りの楽しさを実感してみてほしい。

この記事を読んだ人が次に読むのは

【実釣レビュー】テイルウォークの「バサル」を使ってみた!1万円で手に入る超万能ベイトリールの実力とは

エサ釣りもルアー釣りもOK!1万円前後で買える万能船竿5選

タグ: