ブレイクに向かって流されていくベイトをイメージ!アイマのポッキーを流し込むと・・・

タグ: / / / /
2019年08月02日

7月はオフショア入門のタチウオジギングにハマり釣りが忙しくなりました!

合間を縫ってのシーバスウェーディングで、デイゲームをやる。これがまた暑い!!!

橋の下に潜り混んで日差しを避けながらウェーディングをしようと思いましたが、タイミングよくロンジンスタッフによる取材釣行があったので橋の下には入らず、その他のポイントにはその他諸々のアングラーが沢山いるので最下流側のシャローエリアを陣取る事に。

タイミングは干潮間際から上げ潮が効き始めるまでの間。

炎天下の中、干潟をトボトボと歩いている間にテンションは下がりまくり。それでいて沢山釣れる条件が揃っていない。

水の濁りがスゴイ!思っていたより水が無い!暑い!

ポイントに着いた時にはボイルが始まっていた!でも、単発。サイズは期待出来ない。

シャローでフラフラしているベイトがブレイクに落ちてくる所を食い上げているボイル。纏まったベイトが回って来ないとボイルも出ないが、ボイルが出る所は決まって水が濁っている所と澄んでいる所の境目付近。

流れが底の砂を巻き上げて濁っているので、流れの弱い所は水が澄み気味。

その縦の明暗の様な要素と流れの強弱の要素、それとブレイクとベイトが絡んだら魚は必ずそこにいる事が確信出来る!ボイルもでるもん!

ルアーはimaのポッキー。

ブレイクに向かって流されて落ちていくベイトをイメージしてアップクロス気味に投げて流れよりも少しだけ速くリーリングしながら、チョンチョンとロッドティップを揺らしルアーをドッグウォークすると小さな噴水とともに出て来たフッコ。

足元はズブズブなのて膝を着き体制を整えて、丁寧に尾ビレまで飛び出すエラ洗いをいなしネットでゆっくりと迎い入れる。

夏のデイゲーム でトップウォーターを使う状況が何となく掴めた気がしました。

凍らせて持ち歩いていたドリンクでひと息入れようと思ったら全く溶けていなく、脱水症状を避ける為に納竿しました。

一方でタチウオジギングは・・・

タチウオジギングは行くたびに少しずつですが、釣果を伸ばし…

料理のレパートリーを増やさなければ飽きてしまいそうなタチウオ。

最近はそれなりに楽しんでます。

この記事を書いた人

宗

都内でフリーヘアデザイナーをしているシーバスハンター。「自分以外、皆師」をテーマにメーターオーバーを目指す。
タグ: