【検証】着底までに約5分!SUPフィッシングで深海釣りは成り立つのか?

タグ: /
2019年07月28日

こんにちは!YouTubeチャンネル「Nao釣りSUP」をやっています「Nao」です。

7月に入ってからも週末はいつも雨。まあ雨でも波風無ければ海に出てしまうのが釣りバカというものでして…。

今回も小雨ぱらつく中、いざSUPフィッシングをと、西湘まで行ってみました。

ちなみに雨の日に怖いのは雷です。海上に出てしまっては逃げ場がないので、雷の予報はしっかり見て、あやしい時はやめときましょう。

今回のタックルセッティング

  • ロッド/プロマリン「PG バトルスティック船 180L」
  • リール/シマノ「17 グラップラー 301HG 左ハンドル」
  • ルアー/ディープライナー 「SPY-V 250g、SPY-C 180g」

今回はこのゴツいジグ達を落としていきます。スロージギングと呼ばれるジャンルのようですね。

ロッドはしっかりアクションできる専用のものが良いそうですが、そんなにお小遣い無いのでいつものやつで。

ジグ1個で2600円とかしますからね。ロストしたら泣けますが狙いは高級魚、釣れれば速攻元が取れます。

ファーストヒットの正体は?

4時半頃の日の出でしたが雨のため若干まだ暗いので様子をみつつ、5時頃からエントリーしてポイントへ。この辺りはドン深なので20分も漕げば水深230m位です。

早速始めてみますがジグを落としても底に着くまで4~5分という世界です。しかも朝イチは全く反応なし。

我慢の時間が続きますが7時ごろにようやくヒット!着底後のしゃくりで重さを感じます。しかし全く引かない…。

疑心暗鬼のまま4分かけて巻き上げると浮いてきたのは…赤いヤツ?コレは…!?

宝石のように綺麗な金目鯛でした。口と尾びれの付け根にジグが掛かってガッチリロックされた状態だったので全く引かなかったみたいですね。

続けてお次は変なちっこいヤツ。顎の下に2本のヒゲが生えてます。白ムツ…じゃないし、なんだコレ。

後で調べたら銀目鯛という魚でした。中深海釣りのゲストとしてはあまり人気の無いコのようです。

金目鯛と比較してもなんか残念な感じ。修学旅行で金閣寺を見た後に銀閣寺を見てあれ…銀じゃないじゃん。と思った時のあのなんとも言えない感覚を思い出しました。

更に続けてヒット!どうやら時合いのようです。潮的には下げ止まる直前。特に良いタイミングでもない気がするのですが周りの友達もポンポンヒットしてます。

相変わらず魚の気分、よくわかりません。

今回は今までとは違ってグイグイ引きます。大物?本命の高級魚?とワクワクしながら巻き上げる4分間。

魚さえ掛かってれば手巻きの4分も苦痛ではありません。魚が掛かってない時は非常に苦痛です(笑)。

姿を現したのは…?

またしても金目鯛でした。今回は口に掛かってたのもあり、魚っぽい引きがありましたね。しかしこんなデッカいジグに食いつくとは…。不思議です。

その後はパッタリ反応が無くなったので帰還します。

目的の深海高級魚は掛かりませんでしたが手軽に何度でも挑戦出来るのもSUPフィッシングの魅力です。しばらくは諦めずに続けていきます。

ゴミ拾い

潮目に浮いてるゴミを発見。回収して戻ります。釣り場のゴミを拾うと魚が釣れるジンクスを提唱中。

そういえばゴミ拾い関係の面白い企画があるので最後に紹介します。

早速帰宅して魚を捌いていきます。

まずはいつも通り究極の血抜き。

とりあえず半身は寿司に握ってみます。皮目を炙ると脂が染み出してきて実に旨そう。というか旨かったです。

夏場は脂がのってる魚が少ない気がしますが、そんな中、脂がノリノリの深海魚は貴重ですね。

ちなみに金目鯛は3種類居るそうで、コイツは脂マシマシのフウセンキンメかもとツイッターで教えて頂いたのですが、なにせ初めて見た魚のため、違いがイマイチ分かりませんでした。

もう半身は煮付けに挑戦。普段煮付けはあまりやってないのですが、金目鯛と言ったら煮付けねば。ちょっと塩辛いし小松菜しおしおになっちゃいまして失敗。

あまり火を入れずに味を染み込ませるのもまだまだ改良できそう。なるほど、煮付けも極めたくなってきました。

動画はこちら

今回の釣行もYouTubeにアップしてますので是非ご覧下さい。

途中4分位ノーカットで巻いてるシーンもありますので試してみたい人の参考になればと思います。

これからも季節毎に移りゆく様々な釣果をどんどんアップします。

しばらくはまだ見ぬ『深海高級魚』を狙っていきますので気になる方は是非、チャンネル登録を宜しくお願い致します!

ゴミ拾い企画

そうそう、先程のゴミ拾い企画について紹介します。

SUP釣り仲間に「play in nature」という自然の中で遊ぼう的な活動をしている人がいるのですが、その活動で『みんなで釣り場のゴミを100kg拾ったら抽選でプレゼント』という企画をやってます。

釣り場でゴミを拾ったらゴミの写真と重さを、インスタグラムに「#釣りゴミ100キロ」というハッシュタグをつけて投稿すると、抽選でプレゼントが貰えるかも!という企画です。

続々と協賛してくださる企業も増えてるみたいなので、是非皆さんも気軽に参加してみて下さいね。

詳しくはこちらのページから

【豪華プレゼントあり】釣りゴミ拾い100kgチャレンジ

この記事を書いた人

nao

nao

2016年春に釣りを始めた初心者SUPフィッシングアングラー。釣行動画をYouTubeに投稿中。まだ見ぬ大物との出会いを求めて試行錯誤の日々。
naoさんの寄稿記事
タグ: