根掛かり回避に優れたルアーをチョイス!パーティーで振る舞うためのヒラメを仕留めた作戦とは

タグ: / /
2019年07月23日

こんにちは!

北海道でクロソイ・ヒラメをメインにルアーフィッシングを楽しんでいるグッドハンドのRyoHと言います!

今回の狙いはショアから狙う高級魚「ヒラメ 」。

サイズは中々選べないですが、常に大物を求めて毎週ヒラメ狙いに出撃しています。

今回は、釣り仲間を集めて料理を提供する「グッドハンドパーティー 」をするという事で主役となるヒラメを何としてでもキャッチしなければ!という思いで家を出発しました(^^)

魚を捌いて料理を振舞う「魚パーティー」なので、釣れなかったら肉パーティーに変更になるため責任重大(笑)

最近は、干満とマズメの時間帯が変に重なってしまう事が多く、時間が絞りにくく安定してキャッチする事が難しいように感じています。

潮のタイミングに合うか、マズメに合うかはその時その時で違うので、潮の動き出しから止まる手前まで、ロングスパンで集中して狙う事にしました!

潮の動き出しを狙う

干潮からの動き出しである18時頃からスタート!

確実にキャッチしたいと思いつつも、なぜか気付けば狙った事の無い新規開拓スポットで狙っていました(^^;)

前々から出そうだなと思っていたポイントでキャストを開始!

手前のブレイクラインはかなり根掛かりしやすい状況だったので、意外と根掛からないダニエルヘッドロックを使用して、巻きとロッドアクションで根掛かりエリアを当てながら、出そうなラインを通していきました。

地形などを把握しながら狙っていると、気付けば一瞬で2時間が経過。

薄暗くなり、ヘッドライトが必要になってくる時間帯!

手前のブレイクライン周辺でワンアクション加えた所で、躊躇なく襲い掛かってきた激しいバイト!

がっちり鬼フッキングしたと同時に鬼ポンピング!

なんとかブレイクラインを通過する事ができ、徐々に魚のシルエットが!?

水深のあるエリアから、ブワッと見えるヒラメのシルエットが個人的にスゴく好きで、頑張った!と思える幸せな瞬間です(^^)

落ち着いてタモ入れし、無事ランディング。

ブレイクライン沿いを根掛けずに上手くトレース出来た事で出会えたうれしい1枚でした☆

新規スポットで出せた喜びと、無事魚パーティーの主役をキャッチする事が出来た安心感にホッとしました(笑)

これから8月に入っていくと、5,6月で釣れたようには釣れなくなり、難しさを増してくる北海道日本海側のショアからのヒラメ。

毎年10月位までは狙って釣る事ができているので、10月頃までヒラメを追って海に出撃したいと思います!

北海道クウォリティーの新鮮な釣果情報はインスタグラムに載せさせていただいてますので、ぜひそちらもいいね・フォローして頂けますと嬉しいです☆

グッドハンドフィッシング インスタグラム

RyoHさん(@goodhandfishing) • Instagram写真と動画

本日も、最後まで読んで頂き、ありがとうございました☆

この記事を書いた人

RyoH

RyoH

元スケートボーダー。マッサージサロン「GOOD HAND」の経営者で、ずば抜けた集中力で好釣果を上げる凄腕アングラー。
タグ: