タチウオ釣行のためにロングパワーハンドルを採用!手返しの良さは釣果に直結するのか・・・

タグ: / / / /
2019年07月16日

タチウオジギング初心者がオフショア二回目にしてソロ釣行に行ってきました!

初めてのタチウオジギングから約二週間経ちました。基本テクニックや環境など全てを用意して頂いた前回の釣行では大勝利を収める事が出来ました!………が、「釣らせて貰った」というのが率直な感想です。

ジグのカラーやレンジ、ルアーアクションなど、ハイスピードで変化する太刀魚のアタリを「体験学習」で「自ら考察」しよう!というのが今回のテーマです。

 雨時々曇り・大潮

あいにくの天気ながらも風があまり無いとの予報。

前回の二の鉄を踏まない様に、クーラーボックス内に専用のトレーを付けて昼飯抜きにならない様にしました。

コンビニで朝食兼昼食とドリンクを買い込んで、乗船したら目的の釣り座を確保して出船準備に備えます。

今回はグラップラーのハンドルをSOMのロングパワーハンドルに換装して、より速く手返し良くなる様にしてみました。

am7:00を迎えていざ出船!今回は一人での乗船。周りの方々に迷惑を掛けない様に緊張しています。

船長のアナウンスに耳を傾けて、水深やジグの重さなどを教えて貰いポイントに着くまでにイメージを固めておく。

ここで忘れていたのが「桶」。

前回は船に常備してある、釣れた時に水を貯めて血抜きをする為の「桶」をマコsanに用意して貰った事をすっかり忘れていて、自分で用意しなければいけませんでした。船が動いている時は取りに行けないのでポイントに着いてから取りに行く事になりました。これでは幸先の良いスタートはきれません。

出船前に準備しておけば良かったと、これもソロ釣行で勉強になりました。

タチウオの活性は高く、桶を用意している間に準備の良い方からポンポンと釣り上げている。

釣り座に戻り気持ちを切り替えて、予め準備してあったオーシャンドミネータークラシック160g(ベタ塗りピンク)を海面に落とし沈めます。

指示棚は水深50〜40m、底から20〜30m辺りに群れの反応が濃いそうなので、50m前後にジグを落として速めのワンピッチでしゃくり上げ、40mを切ったら再度ジグを落とすを繰り返しながら潮の速さやシャクるスピード、アタリの多そうなジグカラーを絞っていきます。

季節がハイシーズンに近づいて来るにつれて、前回の釣行よりも太刀魚の活性は高く、追い掛けて食ってくる事もあり、一投目から大き目のジグにもかかわらずにバンバンと食って来ました。

フォール中でもスコーンと食ってくる感じが何とも言えない楽しさ!

たまに釣れるゲストもライトジギングの楽しみの1つです。今回のゲストは「サゴシ」。

鯖よりもドラグは出るし、止まったり走ったりと引きを楽しめました。どうやら美味しい魚の様です。

第二海保周辺では12〜15本程釣り上げて、数も出たしサイズを狙いに行こうと観音崎沖に移動。

ここでは数は減るが大きな魚が出るらしい。期待してワンピッチを繰り返しても反応は減りサイズも上がらない。

場所が変わってから潮の流れも速くなり、私の使っている柔らかい竿では流れに負けてロッドが曲がりっぱなしになり、ワンピッチが上手くいかない。

強めのロッドアクションでワンピッチが上手くいくと反応が出始め、ボトムから5m巻き上げた所で「ノスッ!」とした重みのあるバイト!

巻き上げは重く、魚が抵抗して泳ぐとドラグ(5kg)が出るサイズ。最初はスレ掛かりだと気を抜いていましたが、水面に浮き上がる銀色の長い魚体。

指5本サイズのタチウオ!自己記録更新!

どの位のサイズがドラゴンと呼ばれるサイズなのか分かりませんが、このサイズでも充分に引きを楽しめました!

途中、鯖ナブラに遭遇!

お土産の鯖を頂く。

その後もポツポツと釣れ始め、お昼ご飯を思い出したかの様にモグモグして最後の水深の浅いポイントに到着。

水深が40m前後しかない為、軽いジグを落としたい所だが流れも速く、上潮が入り始めたので二枚潮(上のレンジが下潮で下のレンジが上潮)になり、ラインがジグに向かって真っ直ぐになってくれないのでスプールを抑えながらラインテンションを張り気味でボトムまでジグをフォールさせて行く。

フォールレバーを使いフォールスピードをカウンター越しに見ながらも出来ますが、あえてサミングの練習をしてみたのはいいものの、上手く出来無かったので緩んだラインをスパッとタチウオカッターで切られてしまいました。残念。

初めてのジグロスト、二枚潮、ロッドが負ける程の早い潮など、初めての事ばかり。それでもセオリーと水中のイメージを出来るだけ崩さずにやる事で…結果、

  • 太刀魚21匹
  • サゴシ1匹
  • 鯖1匹

そこそこの釣果(自己記録更新)を出す事が出来たと思います。

因みに、船長が中乗りして釣り上げた竿頭の釣果は驚異の63本!ほとんどがリリースで型の良いものだけをクーラーに入れてありました。なんてスマート。

釣る事に夢中になって、アクションやカラーの事は忘れていましたが、ベタ塗りピンクしか使っていないし、ワンピッチのスピードを変える位の事しか出来ませんでした。もっと引き出しと余裕が必要と痛感。

後から教えて貰いましたが、お隣では釣具店のスタッフさんが一緒に乗船していたそうで、流石の釣果を叩き出していたので今度、教えて貰いに行こうかとおもってます。

潮の速さに負けない、一つ上の番手のロッドも必要かも知れません。

船長以外に44本釣り上げた凄腕の方もいたそうですので、これからも上向き釣果が期待出来そうですね。

指5本サイズのタチウオは、釣船店のHPに乗せて頂く事になりました(笑

サワラは半身を献上する代わりにマコsanに捌いて貰い、ピチッとシートで水分を抜いた後に適当にフライパンで焼いて食べたら最高に美味しかったです。

タチウオは天ぷらにしました。これが1番好きかもです。

この記事を書いた人

宗

都内でフリーヘアデザイナーをしているシーバスハンター。「自分以外、皆師」をテーマにメーターオーバーを目指す。
タグ: