シマノから汎用メタルジグ「アオモノキャッチャー」が登場!狂鱗ホロと専用フックセッティングで武装したコルトスナイパーシリーズ

タグ: / / / / / /
2019年07月10日

出典:コルトスナイパー アオモノキャッチャー [COLTSNIPER アオモノキャッチャー]|ルアー|用品|製品情報|シマノ -SHIMANO-

シマノ[SHIMANO]から汎用メタルジグ「アオモノキャッチャー」が登場した。

狂鱗ホロと専用フックセッティングで武装したコルトスナイパーシリーズだ。

「アオモノキャッチャー」の特徴

出典:コルトスナイパー アオモノキャッチャー [COLTSNIPER アオモノキャッチャー]|ルアー|用品|製品情報|シマノ -SHIMANO-

本製品は狂鱗ホロと専用フックセッティングで武装し、青物を中心に狙うために設計されたメタルジグだ。

ボディはセンターバランスのコルトスナイパーオリジナルを引き継いでいる。

釣れる要素をオリジナルから継承しつつも、さらに話題のカラーリングと専用フックを備えた「コルトスナイパー改」のようなバージョンといえるだろう。

専用フックとは

出典:コルトスナイパー アオモノキャッチャー [COLTSNIPER アオモノキャッチャー]|ルアー|用品|製品情報|シマノ -SHIMANO-

オリジナルのコルトスナイパーはシングルフックが1本の仕様だが、本製品はホールド性が高い形状のフックを2本備えた。

このセッテイングは、波打ち際や足場の高い条件で青物が暴れてもバラしづらいよう設計されている。

狂鱗ホログラムとは

まずは別注平政の190Fの狂鱗ホログラムを見てほしい。

光の当たり具合でさまざまな光り方をしているのがわかるだろう。

本物の魚の鱗を追求して誕生したのが「狂鱗ホログラム」であり、フィッシュイーターを狂わせる新たな要素となることは間違いない。

詳しくは以前ツリホウで紹介した記事を参考にしてほしい。

超絶リアルカラーが登場!2019年からシマノのルアーに採用される「狂鱗(KYORIN)ホログラム」とは

「アオモノキャッチャー」のスペック

  • サイズ(mm):71/78/85/91
  • 自重(g):28/35/42/60
  • カラー:全10色(フルグローは狂鱗ホロを不採用)
  • 価格(税抜き):710/780/810/850円

この記事を読んだ人が次に読むのは

メタルジグの代表的なカラーを解説!虹の色をベースにした考え方とは

メタルジグをタイプ別に解説!ウェイトバランスによるアクションの違いとは

シマノが新たに開発した「フラッシュブースト」がスゴい!微細な振動を増幅し、オートマチックにフラッシングし続ける新機構

タグ: