推定体重は約100kg!島根県隠岐の島の海岸にダイオウイカが漂着

タグ: / /
2019年07月07日

出典:ダイオウイカ、隠岐の海岸に漂着 「巨大な現物に興奮」:朝日新聞デジタル

2019年6月28日、島根県隠岐の島町の海岸にダイオウイカが漂着しているのが見つかったと朝日新聞が報じている。

隠岐では発見例も少なく、打ち上がった真相はまだ解明されていないようだ。

隠岐の島に打ち上がった「ダイオウイカ」

出典:ダイオウイカ、隠岐の海岸に漂着 「巨大な現物に興奮」:朝日新聞デジタル

  • 全長:3.12m
  • 触腕:1.9m
  • 体重:約100kg

隠岐の島町の砂浜に打ち上がったダイオウイカの全長は3.12mで、死後1日程度経った状態だったようだ。

野津さんは「生物調査で長年、隠岐の海岸を歩いてきたが、ダイオウイカを見たのは初めて。隠岐では発見例も少なく、巨大な現物が見られて興奮した」と話した。

出典:ダイオウイカ、隠岐の海岸に漂着 「巨大な現物に興奮」:朝日新聞デジタル

島根県では、2019年2月21日にも浜田市の河口部でダイオウイカが見つかっている。

島根県は自然海岸の割合を示す自然海岸率が日本一であり、南からの「対馬暖流」と深海の冷たい海水「日本海固有水」が共存する海に面している。

そのような恵まれた自然環境が多くの魚を育む元となっていることは間違いない。

ダイオウイカが漂着した理由は解明されていないが、島根県の海が豊かであることの証明ともいえるだろう。

今後も続く可能性も

同じ島根県で数ヶ月おきにダイオウイカが漂着していることから、今後も流れてくる可能性が考えられる。

次こそは生きた個体が見つかることを期待しつつ、今後の情報も注目していきたい。

この記事を読んだ人が次に読むのは

淡水魚への影響も!?世界各地で河川の塩分濃度が上昇中

これほどまでに元気な姿は見たことがない!アクティブなリュウグウノツカイの超貴重映像

25年ぶりの大発見!大阪湾で絶滅危惧種「アカメ」が捕獲される

タグ: